スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開平ツアー

広州からは車がないと1日での観光は難しいですが、現地ツアー(中国語ですが話せなくてもどうにかなります)があります。昼食が着いて入場料の合計より安く、移動の時間ロスもないので、行きたい所(自力村碉楼群、立园、赤坎古镇)が合えばお手軽で便利です。最後の赤坎古镇では撮影所は含まれません。
中国国内のツアーはどれもそうですが、みんな時間通りには戻ってきませんので、少し遅れる位でちょうどよく、ぎりぎりまで楽しんで下さい。(責任は取れませんが)
広州は他の都市にあるような旅游集散中心がないようなので現地ツアーの情報は分かり難いですが、町中の旅行会社で扱っているようです。ダメ元でディスカウント頼んだら他社のツアーなのでこれはできないみたいなことを言われました。ご参考まで。ツアー情報(中国語)

福建土楼直通バス

厦門の旅游集散中心で1日ツアーはありますが、私は土楼に1泊したかったので厦門から乗り換えなしに行ける直通バスの情報を探しましたが詳細分からず、バスセンターに行ったら何本かあることが分かりました。永定土楼民俗文化村だけでなく、途中承啓楼も通るので降りられるようです。
帰りの直通バスは午後早い時間に終わるので要注意。私は龍岩経由で帰って、龍岩でのバスターミナルの移動もあって深夜に帰り着きました。
泊まるなら土楼の王、承啓楼が良いと思います。(が非常に参考になりました。)
田螺坑土楼群へはバイタクで簡単に行けます。価格は交渉して下さい、安くなります。
お薦め2日コース 1日目:厦門から直通バスで承啓楼前へ、承啓楼で宿を決めて、バイタクで田螺坑土楼群へ、その後承啓楼近くを見学。2日目:バスかバイタクで永定土楼民俗文化村へ、午後直通バスで厦門へ。注意 永定土楼民俗文化村のバス停と入場券が売られている観光センター(きれいな大きな建物)はかなり離れています。観光センターに直接行って下さい。

マレー鉄道予約

窓口で空席がなくても、ネットで空席がある場合、当日開放されるようです。
そもそもネットで空席があるならネットで予約すればいいのですが、safari未対応で私は予約できませんでした。iPhone,iPadの方は注意して下さい。

列車内での両替

バンコク発バターワース行きの列車内で両替屋さんが回ってきます。知らないと気づかなかったり、レートが悪いかもと思いましたが、新聞のレートを見せて比較的良心的なレートが両替してくれているようでローカルの方はかなり利用していました。
バターワース駅の両替屋のレートは良くなかったと記憶しているので、利用するもの便利かと思います。

タイ鉄道予約

年末は予約が非常に取れ難く、手配してくれる旅行会社も空席はないと取り合ってくれなくなるようです。
その場合当日キャンセル手数料が変わる時間前がチャンスのようです。窓口の人にないと言われても諦めず空席を確認してもらうと空席が出で来ることがあります。私の場合当日2席空席が出て乗れました。

«  | HOME |  »

検索

Google
Web バリで買い付け

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

きりん 

Author:きりん 
海外旅行は楽しみの1つ
詳しくは始めまして

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

ページランク
にほんブログ村 海外生活ブログへ FC2BlogRankingへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。